会社の信用力

NO IMAGE

写真は本社とエリアメンバーはzoomでの同時進行の様子

コンサルでの定例の振り返りシート報告のとき

今日は栃本常義さんの定例コンサルでして
コンサルに関して触れるともう3年は続けていて
継続した効果を最近とても感じられ
学ぶ内容のステージが上がってきているの実感しています。
1つ目のうれしさもらいました。

学びと並行して1か月の振り返りシートを報告し合います。
以前のブログにも書いてますが
出来事に対しての思いと同時に家族の出来事にも触れるので
なぜそんな気持ちになっているんだろうと
裏側も共有できている価値がとても大きく感じています。

そこでの出来事ですが4月・5月と取り組んだ

雇用調整助成金に関して
最前線の清掃クルーさんが本当に喜んでくれていた報告してくれました。
2つ目のうれしさももらいました。

うれしさと共に本題になるのですが、
マネジメントメンバーから
会社に対しての清掃クルーさんからの信用が
格段に上がっていることを感じたと報告してくれました。

信用は簡単にたまらない現実に目に見える成果が出てきた

清掃会社の現実として社員を大事するという会社側の思いが
本当に相手の実感になることの難しさを感じながら
情報発信や取り組みをしてきました。

難しさの根源には価格競争に陥りやすい業界であり
そこからの薄利が働く人に
還元されにくい悪循環のループで
私たちも
4,5年前まではそのループでもがいていました。

3年前から向き合ってきて、実際の声として聞くことができ
こみ上げるものがありました。

ようやくミッションとの一貫性の会社のスタート地点に立つことができたので
今後もさらに信用を積み上げていけるよう

がんばる人の前座として精進します。