全国対応

実績PDFお問い合わせスタッフブログ

スタッフブログ

  1. 本格化する日常清掃の自社化においての注意事項

本格化する日常清掃の自社化においての注意事項

代表ブログ

清掃業の私からは程遠い世界の話かとおもっておりましたが
世の中わからないものです。

○○ができる ○つの方法

無料冊子をよくダウンロードしてたのが2年前

去年はこちらでもご案内した「集客アップと人材不足のなやみを解消する5つ方法」

という同じようなことをトライしました。

 

自社のノウハウを外に紹介するために

形としてまとめるために整理することでは多いに役立ちました。

 

視点を変えて日常清掃の自社化にすることで浮かすことのできた費用で
人材難また、営業面においても他施設との違いを打ち出せる

このノウハウをまとめた経緯は

最低賃金上昇と人材不足が続き業者としても価格上昇が避けられません。

売上が好調でない店もある中で視点を変えて

日常清掃の自社化にすることで浮かすことのできた費用で

人材難また、営業面においても他施設との違いを打ち出せると感じ

そのように選択する施設が増えると予測したためです。

 

そしてその際に役立つ情報として

補佐する役割として声がけしてもらえるようにと

思ったためでした。

 

とは言っても本格化するまでもう数年かかるかなーと思っておりましたが

東海地方でも実際に相談をうけている施設様が数社あり

今年に入ってその流れが本格化してきているなと実感しております。

 

 

この1年取り組んでみてと
現状の自社で清掃施設の事例から
これだけはという注意点があります。

日常清掃自社化は経費削減が魅力なのですが

その先の使い道に関して

 

「現場のパートタイマーさん、社員さんに還元」

これを必ずお願いします。

 

悪いケース1
短順に現状いる社員が管理者となる➡仕事量だけ増える

今までに売上が見込めず清掃を自社化にした施設はみてきていますが

大半の結果は清掃の品質が落ち、それによってお客様が離れていく

残ったのは価格で通ってくれる、飲食もあまりしない

低単価のお客様というのが多いです。

 

悪いケース2
パートさんの時給そのまま➡人材不足そのまま

現状と同じなため募集に魅了が無くパートタイマーさんが集まらない

最悪なケースは管理社員が作業にも入らないといけない

営業時には疲れが顔にでて 接客どころではない

 

今まで委託から自社化なのであれば

パートタイマーさんを集める時給を提示することです。

請負業者が1000円で募集あれば

1100円にはしても損は絶対にしないはずです。

 

 

弊社のビジネスはその後の管理方法における維持管理

いきなり管理者として責任を負う社員さんのフォロー役として

問題は消えてなくなることはなく、常に発生します。

経験値が高いからことそ解決策を共に考えることができる。

この部分で対価をいただこうと考えています。

 

 

経費削減という考えでなく人材難への対策

今後の販促のための費用をつくりだす

そういった考えのもとで清掃の自社化があって頂きたいです。